忍者ブログ
BVE Trainsimの更新状況や、ちょっとしたコラムなど
今日はRouteファイル用の新しい構文の説明。

"ArrivalTime"

これはBVETrainsimでも使われている

Track.Sta Name; Time1; Time2; PassAlarm; Door; Stop; Device; Sound1; Halt; Jam; Sound2


という"Track.sta"の構文の中で使うもので、openBVEでは"Time1"が"ArrivalTime"になり、着時刻を指定するほかに先行列車の停車駅を指定できるようになる構文です。

先行列車は快速、自分の運転する列車は各駅停車、といったことも再現できるようになりました。


構文というよりは今まであった構文に新しいオプションがついた、程度のものです。

が、ダイヤを組み立てるときにかなり役立つう上、これからのアップデートで先行列車の追い抜きを再現できれば・・・むふふ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 使い方
どんな感じに使うんですか?もうちょっと詳しく教えてください。
秋田の新快速 2014/03/01(Sat)17:53:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
reren(回送)
HP:
性別:
非公開
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新TB
最新CM
[03/01 秋田の新快速]
[01/18 ぷりん]
[01/11 NONAME]
[01/03 nanashi]
[10/10 くるくり]

Copyright © [ Localなbve日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]